↑ pukki に ご飯あげてね !

2006年01月21日

パピコのその後は・・・

尾腐れ病のどん底から復活をしたパピコですわーい(嬉しい顔)

なが〜いヒレヒレの頃には及びませんが、少しずつ生えてきていますぴかぴか(新しい)

下は発病した頃のパピコ魚ダッシュ(走り出すさま)

051028_0029~01.jpg


下これは、今現在のパピコです。シッポがなくなってしまったけど、

泳ぐのには支障がないくらいまで復活しました手(チョキ)わーい(嬉しい顔)手(チョキ)


0121-papiko02.jpg


下シッポの拡大です魚

うす〜いけど、ヒレヒレが少しずつ戻ってきています。

他の子たちに比べて、大きさに差がついてしまいましたが、

(ひとまわりは違ってしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)魚


0121-papiko01.jpg

ご飯もしっかりと食べれるようになったので、そろそろ安心かと…?

早く大きくなって、みんなに追いついてほしいなっハートたち(複数ハート)わーい(嬉しい顔)



下下下コリちゃんのご飯を、必死に玉転がししながら運ぶ

ミナミ君です。

こんなに大きいご飯をどうするのでしょうか???


1210-yamatokun-1.jpg

ニックネーム puku at 03:33| Comment(8) | TrackBack(0) | 金魚   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
治ってよかったですねー
尾びれも復活しそうだし。

病気から立直ってくれると嬉しいですよね!
Posted by みなと at 2006年01月21日 10:10
再生してよかったですね。
エビは自分よりも大きな餌でも持ち逃げしようとしますねw
Posted by ほた at 2006年01月21日 14:49
ずいぶん回復したんですね。ゆっくりでも確実に治ってくれると嬉しいですよね。
ヤマトくんは自分の頭より大きい餌を独り占めして、どこかに備蓄でもしておくつもりでしょうか(笑)
Posted by むーちょ at 2006年01月21日 21:14
おーっ!かなり治ってますね!すごい!パピコちゃん良く頑張った(~0~)

我が家のヤマトヌマエビはコリタブ担いで高い所に移動し、そこでゆっくり食事してます(^^;
Posted by Nak at 2006年01月21日 23:01
パピコちゃん元気になってきてよかったですね。
いっぱい食べて大きくなって欲しいです。

あとバトンを回したいのですがよろしいでしょうか。
一応記事の中にはpukuさんの名前も入れたのですが迷惑なら流しといてください。よろしくお願いします。
Posted by ケイツケ at 2006年01月22日 00:29
>みなとさん
 パピコの尾ヒレが短い時は、自由に泳げないで もがく感じでした。回復 & ヒレ再生してきて嬉しいです。


>ほたさん 
 パピコの尾ヒレ再生して本当に良かったです。
 ヤマト君は、SFのエビ型ロボット様にヌッ!と現れて、食事中の コリの輪にも突っ込んでいきますw


>むーちょさん
 パピコは透明燐だからか、他の子より傷が痛々しく感じられました。ここまで治って嬉しいです。
 ヤマト君は、備蓄する前にしっかりと たいらげていますw 食べるのも早い(汗)


>Nakさん
 パピコは、チョコチョコですが、尾ヒレいっぱい動かして泳いでいます。この調子で全快に向かってくれると思います。
 ヤマト君、必殺仕事人ですねw
  

>ケイツケさん
 パピコ 一時はどうなるかと思いましたが、元気になって嬉しいです。 尾ヒレや身体の大きさもあってか、ご飯食べるのに出遅れがちですが、一生懸命食べています。
 バトンですね。うまくは できませんが…
Posted by puku at 2006年01月22日 13:30
パピコちゃんの様子、少しでも良くなって
よかったー

そしてミナミ君…すごい!!
上手に転がしてますね。(^。^ゞ

またpukuさん、上手に撮っているもの(∂_-)ネッ
Posted by さとみ at 2006年01月23日 00:00
>さとみさん
 心配してくださり、ありがとうございます。
えびさんすごいでしょ! 横取り得意みたいですw
Posted by puku at 2006年01月23日 00:53
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/172188
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

当ブログ掲載画像の無断転載禁止です。
 (C) puku家 All Rights Reserved

TOPページへ▲
Copyright (C) puku All Rights Reserved