↑ pukki に ご飯あげてね !

2006年05月09日

マリモン 四葉

0203-marimo01.jpg初・紹介かな?
    puku家's まりも ぴかぴか(新しい)
我が家の ボトルアクアです。 手(チョキ)

ペログーの まりものマ(間)さん
アドバイスを いただきながら
 飼育開始して 半年たちました。

普段は、レースごしの窓辺に置き、換水時に 手のひらでコロコロと
丸くさせる。  ちょっと、チクチクするのよね。 わーい(嬉しい顔)

夏場は、冷蔵庫でお休みさせる まりも

puku家の夏は、クーラー・フル稼働なので
  今夏・眺めて過ごそうっと思ってました。  けど・・・

最近の気温上昇に、涼しい所に引越しを重ねる毎日・・・
                 少々 限界かも... ふらふら

まりもビー球が 同じくらいの大きさだから
  移動するたびに埋まる あせあせ(飛び散る汗)
    サイズも なかなか大きくならない たらーっ(汗)
      時々、浮くんですけどね・・・

どうするのよ、puku ?!  どうしたら いいの?


         * まりもの飼育については、こちら

ニックネーム puku at 20:00| Comment(31) | TrackBack(2) | アクアリウムの住民達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
変な1番乗りキテルゥw
マリモって転がしてないと丸さ維持できないんだってね。
てか、もうそんなに暑いん?ヽ(  ̄д ̄;)ノ エー!?
ぁの・・・寒くて毎日ファンヒータースイッチ押してるんですが?
ロシア寒い!?エ(°°、)?
Posted by なお at 2006年05月09日 21:26
マリモンはコリ水槽に入れて転がしてもらってくださいww

間違ってもビー水槽に入れないでね!
入れてしまったら
(((;゚□゚)))ガクブルww
Posted by 諸羽 at 2006年05月09日 21:50
まりもネタに食い付いてしまいました。
昨年、妻と3泊4日で北海道旅行に行きました。
阿寒湖で思わず、
自然破壊に繋がるから買ってはいけないと、
知りつつも我慢が出来ずに購入してしまいました。
自己流で飼育していますが大きくならない…。
Posted by チュンサ at 2006年05月09日 22:32
いつもショップで手が伸びそうになるのをぐっとこらえて帰って来ます。
マリモって魚やエビなんかと同居させたらばらけちゃいますよね?
同居可能ならうちにも欲しいなぁと思ってるのですが。
Posted by けんこ at 2006年05月09日 23:03
コメントを投稿してから気付きました…
高水温もダメなんですね。
それじゃ、はなっから熱帯魚水槽向きじゃありませんね(T_T)
Posted by けんこ at 2006年05月09日 23:05
マ、マ、マリモまで! 水族館&植物園?!(^^)

クーラー・・・フル稼働なんですか。電気代が。ウチでは絶対許可されませ〜ん!
Posted by omike at 2006年05月09日 23:07
マリモって夏場冷蔵庫に入れるんですか?
家にも頂いたマリモあるんですが
水換えとかどうすればいいのかな?
Posted by ebita at 2006年05月09日 23:17
熱帯魚屋さんに行くと(金魚の飼育道具を安く売っているので行っています。)、「マリモ」って最近、良く目にしますね。今宵も、大きなビー玉位のマリモが売られておりました。

欲しくなる、不思議な魅力がありますね^^。
Posted by 金魚のパパ at 2006年05月09日 23:48
へぇ〜まりもちゃんもいたんですね^^
pukuさんのイメージ通りで可愛い(#^.^#)
なんだか沢山いますね^^
我が家もR2Jさんにいただいたものがありますが冷蔵庫に入れるんですか?
飼育法が全くわからないのでここで勉強させてくださいね^^/
Posted by ホリホリえびろー at 2006年05月09日 23:58
↑pukuさん、可愛くてマリモのイメージだって!
いいなぁー(笑)

チビコリ達でサッカーさせてみたいなぁ・・

Posted by みなと at 2006年05月10日 00:05
ほんと、“まりも”とビー玉…
ほぼ同じ大きさですね☆

つぶれないかな(*^。^*)?
実物は一度見たきりなので…。
冷蔵庫に入れるとは、
まりもは、暑いところが苦手なんですね。
Posted by さとみ at 2006年05月10日 00:19
>なおさん
 まるめないと、丸い形が崩れてくるらしいです。
変形のまま楽しむ方もいらっしゃるそうですよ。
puku家方面は、蒸し熱いです。


>諸羽さん
 コリのサッカー大会になるw  
まりも屋さんが、ビー水槽で飼育してるそうです・・・


>チュンサさん
 ご結婚おめでとうございます。 6月だったように考えてました。。。
まりもの成長って、緩やからしいです。
ミネラルウォーターで飼育すると、元気になるらしいです。


>けんこさん
 ボトルアクアで いきましょうよ♪
混泳は、草食性のない小魚ならOKみたいです。
水温上がると、黒苔るらしいです。
Posted by puku at 2006年05月10日 01:11
>omikeさん
 クーラー・・・高温度設定でまわす方が うちの場合・・・ 
 植物園・・・うちの庭園(ベランダ)は、金魚プラ池と溶岩石とほうれん草で埋まっていますが、何か?


>ebitaさん
 水温によって、1ヶ月位は大丈夫だそうです。
水切りして、旅行のお供にもなるそうですよ♪


>金魚のパパさん
 癒しの玉ですね。大きいのは、西洋まりも?!
金魚と一緒は、ダメみたいです・・・



>えびろーさん
 高水温に気をつければ、冷蔵庫に入れなくとも良いようです。  記事ラストに“まりもの某HP”リンクしました。

 あの〜、可愛いだなんて・・・猫かぶってますw
Posted by puku at 2006年05月10日 01:24
>みなとさん
 ご想像は、控え目に!!
サッカー(?_?)  怪しい粉まいてからにしてください。そしたら まりもが、つんつんになるからw


>さとみさん
 北海道や富士5湖など寒い所にいますからねぇ。
ビー球にはさまってます、救助しますね。
Posted by puku at 2006年05月10日 01:27
コンバンワ。

なんだかお願い事をすると願いが叶いそうなアクアボトルですね^^

何願いますか? 自分はもう願いました。ニコ)))
Posted by 言霊 at 2006年05月10日 02:04
マリモってよく見かけますが、そんなに難しいものなんですね〜
勝手に飾り的イメージをもっている自分。汗
ホントここんとこの暑さにはまいりますね〜
Posted by オト- at 2006年05月10日 06:56
マリモンをビー水槽でですか!
ビー達にツマツマパクパクと食べられないんですかね?

ビー達に丸くなるようにカットしてもらってたりしてww
Posted by 諸羽 at 2006年05月10日 09:33
中学校の修学旅行で富士山⇒芦ノ湖にいったときにおみやげに買いました・・・まりも。。。
当時、金魚水槽に入れて崩壊。。。w
Posted by Pawadora at 2006年05月10日 10:34
うちにもマリモ何個か居ますぅ〜
でも、日本のでは無いですぅ。(どこ産か忘れちゃった…)
ぴぃぴが買った時暖かくても大丈夫ですって言われました(あんまり信用ありませんが…
うちのマリモは各々の水槽に転がっています。
1個だけ(本水槽)大きくなってきています。

特になにもしていません…
もちろんエビとも一緒だし…
オトシンが乗っていたりもしますが…
プロホースで吸ったことも何度もあります…。
うちのマリもはいったい…
もっと大事にしてあげないとなのかもですね…
(´・ω・`)
Posted by ぴぃぴ at 2006年05月10日 10:56
>言霊さん
 えっ、もう願ったのですか? 何、願いましょうか・・・爆繁!?


>オトーさん
 なにげに小瓶で売ってますからね。
蒸し暑さと雨傾向の天気には、まいりますぅ。


>諸羽さん
 ビー達に、ちゃんと餌を与えて(もちろん草食性のものも)いれば、OKみたいです。ツンツンされて、ケバたつ & 水質によって、成長のケバたちがあるようですw


>Pawadoraさん
 金魚は、草食性が強いので、遊びながら崩壊させツルてしまうようです。 残念でした。 片隅にチョコンとボトルアクアでも癒されること間違いないです。


>ぴぃぴさん
 西洋まりもでしょうか。水槽で、小型魚と一緒でもOKとも言われます。
さすがに、プレコや貝は避けた方が良いらしいですよ。 ミネラル鉱物を入れると成長が良いとも聞きましたが・・・
プロホースだけは、さけてあげたいですねw
Posted by puku at 2006年05月10日 14:01
マリモとビー玉って合わせるととてもキレイですね♪
マリモはエビ水槽に入れてエビに戯れて欲しいところなんですが、エビが転がすまではしてくれるはずもないと思い諦めました(^^;
Posted by at 2006年05月10日 18:44
ややこしい書き方してすみません。
籍を入れるのは6月です。
妻と書いてしまっただけです。
pukuさんの認識の方が正しいです。
まりもも可愛いですよね。
阿寒湖ではウチダザリガニに食べられてしまい、
物凄く減ってしまったようです。
悲しい事ですが、
外来種の規制が厳しくなるのも理解出来ます。
家のまりもも機会がありましたら、
ブログにUPしますね。
Posted by チュンサ at 2006年05月10日 23:18
まりも、旅行などへ行くと観光地などのお土産売り場でみますね。
あれって動いたりしないんですよね。
やっぱりもうちょっと生きている感を感じたいと思うんですけどね。
Posted by ほた at 2006年05月10日 23:30
販売してる国産のマリモは全部コケを丸めただけのものだそうです。唯一本物のマリモは阿寒湖にありますが、天然記念物なので販売しちゃダメw
Posted by 与田 at 2006年05月11日 00:21
>暁さん
 ビー球も色の選び方で、まりもの雰囲気も大分かわります。
小さ目の、色ガラスビーズなどですと、とても美しいですよ。
エビが転がすのは、ちょっとむりかなw


>チュンサさん
 いえいえ、おめでたいことですから♪
まりものUP楽しみにしていますね。


>ほたさん
 まりもも、良い音楽を着替えたり、ミネラル与えたり、愛情注ぐと、生きている感が出てくるそうですよ。


>与田さん
 そうなのですよね。 でも雰囲気かもかもで「まりも飼ってます♪」てのも いいかもですw
Posted by puku at 2006年05月11日 00:47
マリモって、丸めたりのお手入れが必要なんですね〜
大きくなるには、やっぱり肥料と二酸化炭素が必要なのかな?
コケを巻き込んで大きくなるってことも?
確か、気泡がつくとプカプカ浮くんですよね〜^^
Posted by golbi at 2006年05月11日 01:15
欲しくなると同時に、マリモを見ると、「食べたくなる」私って・・・

だって、宇治の名物、「茶団子」に似ているんです。あれが、すごくうまいんですよ(笑。

傷まないように冷蔵庫に入れて置くのも似ているような気が・・・
Posted by 金魚のパパ at 2006年05月11日 02:12
マリモンって可愛いですね♪
コリ達がサッカー…見たいかも。
見かけたら買っちゃうかもしれません(^・^)
Posted by 三毛猫 at 2006年05月11日 03:58
うちにも阿寒湖のマリモンいるんですよー♪
もう5年以上生きてます。といっても茶色くならないのでたぶん生きてるだろうって感じですが(笑)
動かないしなかなか大きくもならないのですが、やっぱり愛着がわきますよね。
夏場は私も冷蔵庫に入れちゃいます。
Posted by むーちょ at 2006年05月11日 17:23
>golbiさん
 まりもって、ミネラル入れると ツンツンに成長するようです。 苔は・・・水温高いと「まみれる」って感じですかねw 音楽聞かせたり、調子がよいと浮くそうです。


>金魚のパパさん
 美味しそうなのは、わかる気がします。
茶団子、いいですね♪


>三毛猫さん
 サッカーは、まりも愛好家に怒られちゃうので、想像で楽しむことにしましょう♪
見かけたら、ゲットですね^^


>むーちょさん
 5年もいるんですか、すごいなぁ。
扉を開けたら会えるもんね〜、やっぱ夏場は 冷蔵庫かなぁ・・・
Posted by puku at 2006年05月12日 01:14
出遅れましたが、マリモ話にちょこっと入れて下さいまし〜
昔旦那がマリモ飼ってたらしいんですが、いつの間にか消えてしまったそうです。
これって枯れたって事なんですかね?
pukuさんは大きく育てて下さいね♪
マリモンって名前、可愛くて好き( ̄з ̄)-☆chu☆
Posted by セクター at 2006年05月12日 23:10
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/295582
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ウチの青いやつ
Excerpt: 今日はウチの青いやつ・・・ 青コリことコリドラス・パレアトゥスの話。 第二水槽(ハイタイプ)のボスとして 君臨している彼だが、最近奇妙な行動をするようになった。 写真だと
Weblog: 私の歯はオレンジ
Tracked: 2006-05-11 03:46

北海道阿寒湖の観光名物マリモ
Excerpt: 北海道の阿寒湖は、観光で有名ですが、マリモでも有名です。阿寒湖へ行きますとマリモも博物館も見ることも出来ます。また、阿寒湖おみあげやさんへ行けばおみあげにもマリモはあります。マリモ(毬藻)は、球状の集..
Weblog: 北海道、札幌からの旅情報
Tracked: 2007-05-26 11:31

当ブログ掲載画像の無断転載禁止です。
 (C) puku家 All Rights Reserved

TOPページへ▲
Copyright (C) puku All Rights Reserved